頭皮と髪の栄養とダメージ対策

30代の悩みお助けナビ

30代は悩みの多い年代!悩みの多い30代のお助けナビ!

頭皮と髪の栄養とダメージ対策

髪のエイジングケアのポイントは、髪と頭皮に十分な栄養を与えることです。

頭皮マッサージは、外的な刺激によって頭皮の血行を良くしますが、血行が良くなっても、髪と頭皮に必要な栄養が行き渡らなければ効果はありません。

栄養は毎日の食事から!
毎日の食事では、髪の主成分となるたんぱく質や、その合成をサポートするビタミン、ミネラル類などをしっかりと摂り、栄養バランスのとれた食事を心掛けましょう!

特にたんぱく質の合成を助ける次のミネラル分をたっぷり摂りましょう!

★鉄
鉄は良質な血液を作り、髪の健康のためには欠かせないミネラルの一つです。鉄分は、レバーやほうれん草、小松菜、豆類などに多く含まれているので、これらの野菜をたくさん食べましょう。

★銅
銅は、コラーゲンの生成やメラニン色素を生成する酵素の構成成分です。銅は、カキやレバー、ごまなどに多く含まれています。

★亜鉛
亜鉛は、たんぱく質の合成や細胞分裂など、健康な髪を育てるのに不可欠なミネラルです。亜鉛は、カキ、牛や豚、鶏肉、ウナギ、卵などに多く含まれます。

★ヨード
ヨードは、たんぱく質の合成に必要なミネラルで、髪の発育をサポートし、艶やかな髪へと導いてくれます。ヨードは、主にワカメや昆布など、海藻類に多く含まれています。 

毎日の食事では、これらのミネラルをたっぷり摂れるメニューを取り入れましょう。食事だけでこれらのミネラルを摂取できない時は、サプリメントを使って補いましょう。

次にダメージ対策ですが、ダメージの大敵一つが、『[[font,"紫外線","#FF00FF","large","bold"]]』です。

紫外線は、髪表面のキューティクルや内部のたんぱく質にまでダメージを与え、頭皮の乾燥の原因にもなりますので、紫外線の多い季節は、日傘や帽子などで防御しましょう。

特に濡れた髪で紫外線を浴びるのは危険です。
ぬれた髪はキューティクルが剥がれやすい状態なので、紫外線が当たると、髪の内部までダメージを与えます。

紫外線を浴びた後は、ダメージをため込まないようにトリートメントやヘアパックでケアしましょう。

ウォーキングやストレッチなど、毎日の運動で、血液やリンパなどの巡りを良くするのも効果的です。

それと[[font,"質の良い睡眠","#FF00FF","large","bold"]]にも心がけましょう。

睡眠中に、髪の成長に必要な成長ホルモンが分泌されますので、睡眠不足は肌だけではなく、髪にとっても大敵です!