髪のお手入れのポイント

30代の悩みお助けナビ

30代は悩みの多い年代!悩みの多い30代のお助けナビ!

髪のお手入れのポイント

30代の女性の薄毛対策で大切なのは、毎日のお手入れです。
毎日の髪のお手入れにちょっと気をつけるだけで、将来の髪の毛に大きな差がでてきます。

髪の老化のスピードを早めてしまうのは、毎日の何気ない習慣です。毎日の何気ない習慣には、シャンプーやスタイリング、食生活も含まれます。

これらの毎日の習慣をちょっと気をつけるだけで髪の健康が変わってくるのです。

[[font,"■シャンプーのポイント","#FF00FF","medium","bold"]]
頭皮に余分な皮脂や汚れがある状態が続くと抜け毛が促進されますが、逆に、洗いすぎも頭皮を乾燥させてしまって、悪影響を与えます。

正しいシャンプーの方法は、
・まずブラッシングで髪の絡みをほどき、ほこりを落とします。次にぬるま湯でよく髪と地肌をぬらしておきます。

・シャンプー剤を直接頭皮につけるのは頭皮への刺激となりますので、手のひらでよく泡立ててから頭につけます。

・前後、左右5か所くらいに、均等にシャンプーの泡を塗布すると、髪全体をまんべんなく洗うことができます。

・洗う時は、爪を立てず、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗います。頭頂部だけでなく、左右や後ろも忘れずに。

・シャンプーの薬液が残っているとダメージを与えるので、すすぎは時間をかけて念入りに行いましょう。特に、シャンプーのたまりやすい、耳の後ろや生え際は念入りに。

[[font,"■スタイリングのポイント","#FF00FF","medium","bold"]]
・頭頂部の髪の毛は、大きめのカーラーで巻いて、ドライヤーを当てくせをつけます。カーラーを外し、手でほぐせば、ふんわりヘアの完成。

・次に、ロールブラシで髪を巻き、根元にドライヤーを当てます。少し上にもち上げるようにテンションをかけると、根元がふんわり立ち上がります。

・時々分け目を変えましょう。いつも同じ分け目だと、根元にくせがついてぺちゃんこになりやすいので。